JSDI 認定NPO法人 日本脊柱変形協会 JSDI 認定NPO法人 日本脊柱変形協会

患者さん、ご家族の方へ 患者さん、ご家族の方へ

側弯症の基礎 側弯症とは 側弯症の基礎 側弯症とは

脊柱は横からみると自然な弯曲があります。この弯曲は、背中では少し後ろに丸くなり、腰では少し前に反っています。正面からみると、通常脊柱はまっすぐに見えます。
ところが、正面から見ても左右に弯曲していることがあり、このような状態を側弯症と呼びます。レントゲン写真をとると、直線ではなくS 状、あるいはC 状に見えます。さらに、左右に曲がっているだけではなく、ねじれも伴っているため、肩甲骨の高さが違ったり、ウエストが非対称となったりします。
側弯は、どちらかの一方の手で重いものを持つ癖があること、寝ているときや立っているときの姿勢の影響などが原因で生じることはありません。

image